2019年4月1日から「働き方改革関連法」が順次施行されます。

働き方改革関連法とは

おおきく3つのポイントがありますが、年次有給休暇の確実な取得(中小企業は2020年4月~)、 時間外労働の上限規制、正社員と非正規社員の間の不合理な待遇格差 (中小企業は2021年4月~) です。 基本的な考え方として長時間労働を是正する方向となっています

どのような対応が必要?

時間外労働の上限は、月45時間、年360時間を原則で、特別な事情があっても年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に設定が必要。これまでの個人的な経験で言うと、年度末などの受注が立て込むと100時間超えるケースはそこそこあるかなと思いますし、効率よく働くために一人一人が生産性を上げるだけでなく、組織やチームとして生産性を上げていかないと厳しいですね。

年次有給休暇については、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年次有給休暇の日数のうち年5日については、使用者が時季を指定して取得させないといけません。私はこれまで有給休暇が比較的取得しやすい環境にありましたが、仕事の都合で使い切れなかったり、休暇を取得しているのに職場にいるケースはこれまでもよく見てきました。

労働時間が長くなるほど過労死との関連性が強まるため、労働時間を抑制しようという流れになっています。大企業に勤めている友人の話では、一律で残業禁止の通達が出ていたりするようですが、仕事を家に持ち帰ったり、残業時間を改ざんしていることがニュースになっていますが、無駄な業務を無くしたり、生産性を上げる、個人商店からチーム・組織で対応、ICTで業務を効率化、など前向きに対応を行うことが業績向上につながると考えます。

詳しい法律の内容や対応方法については、厚生労働省の「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が詳しいです。

働き方改革だけでなく、学び方改革も必要

欧米に比べると日本企業は社員教育にお金を使っていないと言われていましたが、残念ながら本当のことでした。

<働き方改革の死角>人への投資 惜しむ企業 16年社員教育費 91年より3割減
東京新聞 2019年3月27日 朝刊


自分が成長したと思うきっかけは、リーマンショックと3.11後の会社からの残業禁止と、子どもが生まれて、超生産的にならなければならなかったからです。でも、個人の努力、生産性向上は部分最適なだけで、本当は会社や部門としての支援や取り組むべき事だろうと感じていました。

会社のある神奈川県で、この一年は多くの企業や組織の方と教育についてお話ししてきました。eラーニングなどのオンライン学習が進んでいて、低価格で中小企業でも利用できるようになっても、教育・研修は集合研修が主流だったことです。

eラーニングなどのオンライン学習に切り替えていけば、顧客訪問前に空いた時間でスマホを使って学習することも可能ですし、テストやアンケートも可能です。もちろん実技や手技はオンライン学習だけで実施することは、難しいと思いますが、知識ベースの話はeラーニング化して、実技を集合研修で行うことで、研修時間の削減が可能です。内定者・新人研修では集合研修だけだったときから半分に研修時間を削減しました。

さらに学習管理システム(LMS)を利用すれば、一人一人の学習進捗を把握することができるようになります。働き方改革法で教育時間が無いと教育を削減するのではなく、生産性を上げるためのスキル習得や組織マネジメント向上のためのマネジャー教育などをICTを使ってeラーニング化して、効率よく学べるように前向きな対応を進め、学び方改革にもつなげて欲しいと考えています。

インフルエンザ流行期の社員研修

インフルエンザでダウンしてた寒河江です。ワクチン接種してましたが先に罹患した息子のをもらってしまいました。うがい手洗い励行で、皆さんもどうぞ気をつけて下さい。

少し前の話になりますが、リーマンショック直後の急激な教育予算削減の嵐の中で、新型インフルエンザが世界的に猛威を振るっていたことがありました。そんななかでも動画を使ったeラーニングは、自己学習という学習スタイルから感染症対策に有効とされ、予算削減と新型インフルエンザに耐えて残ったことが印象的でした。

以前、私が以前企画した研修の失敗談をお伝えすると、インフルエンザの流行期に受講者が話す研修を企画してしまい、幸いインフルエンザでの欠席者は無かったけれど、風邪気味の受講者の対応などヒヤヒヤしながら事務局対応をしました。最近は、講師の話を聞くだけという研修はほぼなくなりつつあり、グループ討議などが必須になりつつあります。仮にインフル罹患に気がつかないで研修を行ってしまうと、受講者の多くに感染の危険性が高まります。どうしても1月から3月の間に行わなければ研修もあると思いますが、やはり1月~3月は研修を外し、会議室という密室にこもることのないeラーニングやライブなどによるオンライン研修を計画すべきと考えます。

あなたは研修の実施時期を決めるときに注意していることはありますか?良い教材や講師を準備してよい企画をするのも大事ですが、いつ実施するか、どのような環境で実施するとより良いのかということを想像する必要があります。予算の都合や繁忙期などの影響もありなかなかコントロールできないことも多いですが、私は受講者に影響がないか、小さなことも含めて気をつけたいと思っています。

そろそろ内定者教育の進行でドタバタ、新人教育の準備などでお忙しい時期ですね。次回は、今時の新人育成にはどうしたらよいか書いてみたいと思います。

個人よりも集団の方が成果を上げる


みなさん今年は本当に暑い夏ですね。私は、昨日まで電波の届かないところでファミリーキャンプに行って家族サービスをしておりました。川の水が本当に冷たくて、プールとは違う楽しさがありました。また、幼い息子さんが釣りをしたいと言うことで、マス釣りをしました。私自身も川釣りは10代の頃が最後でいろいろと思い出しながら、竿に仕掛けを結んで、餌のブドウ虫を針につけて、釣りを開始しました。キャンプ場内の管理釣り場なので、マスはあちこちに見えているのですが、餌に寄るけど食べないという繰り返しでした。うまくいかないので、浮きを調整したり、投げるところを変えたりして、ようやく一匹を釣ることができました。釣りというのは人が試されるというか、辛抱しながら、微調整をくりかえしながらやっと釣れたりするものですね。その後、夕方に夕飯用に3匹ほど釣ることができました。そのあと妻が魚をさばけないというので、自分で魚をさばきました。30年ちょっと前には散々やっていたのですが、魚のワタの取り方を忘れずに手先が覚えたことにちょっと驚きました。まぁ、父としてかっこいい所を見せることができて良かったです。

DSC_0107

さて、釣りは釣りで楽しかったのですが、今回のキャンプの特徴は、落とし物ばかりしてしまったキャンプでした。釣りの後、息子さんと川遊びをしておりました。川をせき止めた所なので小さな子どもでも安心なんですが、浮き輪を押しながら上流へ上流へと向かいました。防水仕様のビデオカメラを時々出して、動画やら写真を撮っていたんですが、さぁ帰ろうと上がるとポケットに入れてたはずのビデオカメラが無いことに気がつきました。あぁどうしようと思いましたが、移動したと思う場所を歩きながら虫取り網で川底をすくったりして探しました。妻も探してくれましたが、妻はさらに近くにいた人にどんどん声をかけてくれて、探しに加わってくれる人がいました。何人かで探し始めたところ、すぐに川底のビデオを発見してくれました。いやぁ~本当に助かったぁ~とホッとしました。見つけてくれた方にはその後、お酒のセットを届けましたが、思い出の詰まったビデオを川底に置いてこなくて良かったです。もしかしたら、私一人で探してたら見つけられなかったかもしれないし、やっぱり一人よりも力を合わせた方が良いんだぁと思いました。

DSC_0134

弊社で提供している研修の一つにコンセンサスゲーム(NASAゲーム)という物がありますが、これは社会心理学者のジェイ・ホールが行った実験で、個人で行う成果よりも集団の方が成果が上がる、という実験結果をベースにしています。企業や組織の活動というのは今回のように単純なものではないですが、今回のビデオカメラ紛失事件で改めて集団のパワーを感じるところとなりました。

世知辛い世の中と言われますが、困ってる人がいたら助けようとしてくれる人が多くいるんだなぁと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。そして、キャンプ最終日の朝、このカメラは落としたものですかと、妻が紛失していたことすら自覚してなかったデジカメを届けてもらいました。。。今回のキャンプは、本当に本当に多くの方に助けていただいた忘れられないキャンプとなりました。

DSC_0115