DFOソリューションズ

eラーニング導入支援

E-Lecture learningBOX eラーニング担当者養成
既存研修分析のイメージ

eラーニング新規導入のお客様

 eラーニングとは、eラーニングのeはElectronicの頭文字で、電子の学びです。古くはCBTといわれ、インターネットが普及後はWBTと言われていました。その後、学んだ結果を学習管理システム(LMS)に登録するようになりeラーニングへと発展していきました。研修担当者はシステムから受講者の学習進捗を確認して、研修結果をまとめ、次の研修へつなげていきます。

 DFOソリューションズでは、従来からのオンデマンド型もコロナ禍で急激に増えた遠隔ライブも含めeラーニングの定義を広義に捉えています。「eラーニング」を含む研修は多くの手段により学習目標を達成するものであり、俯瞰して研修を捉える必要があると考えるからで、創業時から遠隔ライブ、オンデマンド型のeラーニングシステムどちらもご提案しています。
遠隔ライブとオンデマンドのイメージ
 eラーニングは大きく分けて、講師がWebカメラを通じて行う遠隔ライブ型と、システムに蓄積されている教材を自己学習で学ぶオンデマンド型があります。遠隔ライブは、双方向で実施できるため、教室や研修室と同じように受講者からの質問に答えることができますが、大規模な実施には向きません。オンデマンド型は大規模な配信を低コストで実施することができますが、自己学習のためコンテンツをしっかり作る必要があります。

 企業の研修部門の方からご相談をいただく事が多いですが、研修会社様の研修コースのeラーニング化、eラーニングビジネスの立ち上げや、各種教室でのオンラインレッスンの立ち上げのお手伝いをしています。

こんなeラーニング・研修を実現したい!こんなeラーニングを実現できないか?をぜひ弊社にご相談ください。

eラーニングの活用場面

 既存の導入事例や対応したお客様の活用事例です。eラーニングだけで無く、集合研修やオンライン研修と合わせて研修設計することも増えてきました。また、既存のICT(情報通信技術)と組み合わせれば、アイデア次第で可能性が無限に広がります。

各種トレーニング
・マンション代務員の新人育成・年次教育
・俳優養成所の遠隔トレーニング配信
・社内検定をWebテストで実施

  □人事部門
・内定者、新人向けにビジネスマナー、Officeの基礎講座を配信
・情報セキュリティ、コンプライアンスといった全従業員研修を実施
・社内検定をWebテストで実施
・部門長研修をの事前学習をオンデマンドで配信、遠隔ライブで講義を実施

□営業部門
・営業メンバーに遠隔ライブでコミュニケーション研修を実施
・代理店向けに商品教育を遠隔ライブで実施

□学習塾、各種教室
・感染症対策で教室授業を遠隔ライブで実施
・講義動画を収録して受講者に配信

□社団法人、各種教室
・認定資格対応コース、資格試験をeラーニング化して販売
・教室講座のオンライン配信と課金

□教育・研修会社
・集合研修をeラーニング化
・eラーニング課金、決済システムの導入

eラーニング導入までの流れ

eラーニング導入までの流れのイメージ

1.ヒアリング
現状の研修制度や研修テキストを拝見して、eラーニングの効果を上げるために必要な改善点を洗い出し、取り組むべき施策を検討します。

2.ご提案
導入スケジュールやコース構成と御見積をご提示いたします。場合によってはシステムの登録や教材を試作してご確認いただく場合もございます。

3.研修設計
eラーイングやその他のコースと合わせてどのタイミングでどのような内容で実施するか検討します。この段階でシナリオや絵コンテの作成に進みます。

4.教材開発
教材画面のデザイン、コースで利用するイラスト・写真・動画収録を行います。テストの作問や設定、必要によってはSCORM対応します。

5.コース配信・研修実施
システムにコースを登録して、研修を実施します。

6.運用支援
コース受講開始前や受講中の案内の他、受講者サポートします。

お問い合わせのイメージ

eラーニングを導入済みのお客様

お困りのことありませんかのイメージ

オンライン授業・ライブ研修のイメージ
 オンライン授業・ライブ研修でお困りのことはありませんか?Web会議システムだと、遠隔授業やライブ研修がスムーズにいかないケースもあります。遠隔授業を行うために開発された「E-Lecture」なら受講者の反応を見ながら授業・研修が配信できます。

学習管理システムのイメージ
□学習管理システム(LMS)
 今お使いのeラーニングシステムで本当に必要な教育を実現できていますか?eラーニングシステムは開発スピードが早く、後発のシステムの方が安価に利用できる場合があります。eラーニングシステム第5世代の「learningBOX」なら、標準でスマホ、動画配信はもちろん、豊富なテスト機能を無料からお試しできます。

教材設計・運用設計のイメージ
□教材設計・運用支援
eラーニング以外の研修を含めたブレンド研修の設計の方法が分からない、eラーニング実施後の評価や改善方法にお困りではありませんか?御社の実情に合ったコース運営のサポートが可能です。
eラーニング教材開発のイメージ
□eラーニング教材開発
 eラーニングに強い制作会社に外注していますか?eラーニングが効果が無いと嘆くよりも、品質の高いeラーニングを提案します。
eラーニングコース内製化のイメージ
□eラーニングコース内製化
 自社で開発したeラーニングの評判はいかがですか?教材品質に問題がある場合は、内製化に必要な知識・スキルをご提供します。

どんな小さなことでも構いません。eラーニング・ライブ研修でお困りの事があればお気軽にご相談ください。

お問い合わせのイメージ



【公式パートナー】E-Lecture~受講者の反応が見える遠隔ライブ

E-LectureのイメージE-Lecture studioのイメージ

 E-Lectureとは、関西地区を中心に学習塾を展開している株式会社アップ様が開発している双方向の遠隔ライブ授業配信ツールです。新型コロナウイルス感染症が拡大の状況でも、アップ様で運営されている学習塾ではE-Lectureを使い、受講者の反応を確認しながら授業が継続されています。

 i-Pad一台で簡単に遠隔ライブ授業を配信することが可能です。学習塾や学校だけでなく、企業内研修においても利用が拡大しています。院内学級でのライブ授業の実績が評価されて第11回 日本e-Learning大賞 ベストスマイル賞を受賞しています。

 新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言が発令されています。そのため、学校や学習塾などへも自粛要請が出ていますが、このE-Lectureを使えばオンライン上に教室や研修室を開設することが可能で、学びを止めることがありません。

【E-Lectureでできること】
講師
・i-Padかカメラ付PCでライブ配信できる
・板書に書き込むことができる
・動画や画像を表示できる
・チャット機能で受講者と会話
・クリッカー機能で問いかけとリアルタイム共有
・受講者アイコンの色で状態を把握

E-Lecture受講者画面のイメージ
受講者
・反応ボタンで、理解、理解できていないを意思表示
・講師の指名によりカメラ参加、書き込みが可能
・画像のアップロード
・録画版はチャプター機能で1分単位で視聴可能
・チャット機能で質問や講師への回答が可能


 教室やセミナールームをオンライン上に実現するE-Lectureです。ライブ配信後は自動的に録画版が生成されるので、反転授業やブレンド研修の事前課題の収録にも活用することができます。

弊社は、E-Lecture公式パートナーとして導入支援を行っています。学習塾でのご導入には株式会社アップのサポートの他、弊社の配信サポートが可能です。遠隔地への新人研修などのリモート研修研修の配信は、リモート研修で実績があある弊社にご相談ください。

開発・提供:株式会社アップ
対象:学習塾、学校、スクール形式研修、院内学級、不登校支援
価格:初期費用5万円、月額/同時接続30名、5万円~

【顧客事例】A社様、新入社員向けリモート研修

お問い合わせのイメージ



【協力パートナー】eラーニングシステム「learningBOX」

learningBOXのイメージ

 learningBOXとは、龍野情報システム様が開発をしているeラーニングの学習管理システム(Learning Management System)です。10名までなら無料で利用できます。eラーニングで本当に必要な機能を押えているのに、スタータープランなら、年間100名で使っても33,000円(税込)という低価格で教材を配信することが可能です。動画を使うとオプションというサービスが多いですが、2、3分の動画が掲載可能ですし、上位プランのスタンダードプラン(年間/99,000円(税込))なら500MBまでの動画が掲載可能です。長年eラーニングに関わってきましたが、ここまで低価格で提供できるのは革命的です。

 低価格だと使いにくいのでは?と思われるかもしれませんが、掲載するeラーニング教材は、一般的なSCORM教材はもちろんもちろんですが、PDFや動画をそのまま掲載可能です。またこの章を修了・合格しなければ先に進めないような設定を技術不要で簡単に設定ができ、技術不要で様々な仕掛けをすることができます。受講・合格後は認定証の発行も可能で、資格試験や代理店様向けの年次更新時の教育にも利用ができます。

 繰り返しになりますが、無料から使えます。多くのeラーニングシステムでも無料体験は可能ですが、大体2週間から一月です。初めての導入の場合、人事システムの連携や受講者の登録、コース登録、コース運用など多くのことを検証しなければなりません。無料から始めることができますので、助走期間に充分に試行をして安心して本格導入する事ができます。

 開発元の龍野情報システム様の会社は、兵庫県のたつの市にあります。多くのIT企業は東京のような大都市にありますが、人口7万5千人の小さな街で作られています。そのため、不動産コストが抑えられています。また、自社で技術者を育成していらっしゃいますが、開発スピードは早く、昨日追加も頻繁にあり、改善要望もユーザーの声が早く反映されている印象です。

 元々、QuizGeneratorというクイズ、テスト作成専門のツールから出発しているため、他のeラーニングシステム違ってテスト・アンケート作成機能が標準機能としてあるため、テストやアンケートだけなら登録したその日に教材を完成させることが可能です。動画や資料などがあるなら驚くような早さで教材を作り、受講者に配信させることができるため、eラーニングを初めて導入するお客様に本当にオススメできます。

 弊社は、協力パートナーとして導入支援サービス、教材制作サービスを提供しております。learningBOXを使って、各種研修、講座をオンライン化したい、何から始めればいいか分からない場合は、弊社にご相談ください。

 すでにlearningBOXをご利用のお客様でも、既存の研修をeラーニング化したい、eラーニングコースを内製化したいというお客様をサポートしております。

開発・提供:株式会社龍野情報システム
対象:企業研修、学習塾、大学、各種教室、資格試験
価格:10名まで無料、スターター:年額/33,000円、スタンダード:年額/99,000円

【顧客事例】株式会社うぇるねす様
eラーニング内製化支援-教材企画・設計編、-教材開発・収録編、内製化サポート契約

お問い合わせのイメージ




eラーニング担当者養成コース-教材企画・設計編

eラーニング担当者養成コースのイメージ

 eラーニングを含む企業研修を担当される方が必要とされるスキルは幅広く、課題分析、学習目標の立案と教材設計、原稿作成、イラスト、動画収録とオーサリング、教材の評価・実施報告があります。その他、、プロジェクトを推進するプロジェクトマネジメントなども必要になります。
 この講座では、研修を企画する際にどのような方法で課題を発見し、エビデンスに基づいた研修を企画する方法をお伝えします。メンタルヘルスの研修を行うとして、どのようなデータがあれば研修を企画できると思いますか?人事・総務部門に行けば、休職者や退職者のデータがあると思います。そこから、入社何年目の人の休職率が高い、全社員で年々休職者が増加傾向にある、などと分析することができます。もし、データが無い場合でも、仮説に基づいてアンケートを行って研修テーマを絞る事もあります。

 教材企画・設計の大事なポイントはエビデンスに基づいた明確な学習目標の設定です。学習目標とは、受講生が研修を終えた後、どのようになっているか、できるようになっているか明確に説明しますが、これをきちんと書けている、追えているケースは驚くほど少ないです。研修終了後に研修実施報告書を書くこともあると思いますが、学習目標の到達度を研修後に評価するわけですが、業務成果は研修の翌日に計れるものではなく、もっと長い時間軸で見る必要があります。この研修を受講すると、設計と正しい研修評価に使える学習目標を明確に書けるようになります。

提供:DFOソリューションズ
対象:eラーニング担当者、人事・研修担当者
提供ツール:教材企画シート、教材設計シート、チェックシート
標準時間:半日
価格:5名まで30万円
オンライン受講可


お問い合わせのイメージ




eラーニング担当者養成コース-教材開発・収録編

教材開発・収録編のイメージ

 eラーニングコースを企画・設計したあと、実際の教材開発に進みますが、最近の傾向としては原稿の執筆から教材化まで全てを外注するケースが減っています。多くの場合、社内で内製化して作るケースか、一部外注が多いと思います。

 eラーニングシステムにPDFが掲載できるからと言って、既存の研修スライドをeラーニングとして配信することはオススメしません。最近のeラーニングは、パソコンだけでなくスマホを使うことが多く、文字量が多すぎたり文字サイズが小さく見づらかったり事があります。

 eラーニングは教育・研修ですが、基本コミュニケーションです。伝わらなければ何もしないのと同じで、限られた画面に少ない情報量で多くのことを伝える努力をする必要があります。対面であればいくらでもフォローできますが、eラーニングは画面にある情報で過不足無く伝える必要があります。

 eラーニングのコース開発時に必要な原稿執筆、ナレーション、動画収録をして教材化するまで、どのプロセスで何が必要かこの講座を受講することで理解し、教材開発を行うことが可能です。

提供:DFOソリューションズ
対象:eラーニング担当者、人事・研修担当者
提供ツール:開発ガイドライン、レビューシート
標準学習時間:4時間
価格:5名まで30万円

オンライン受講可

お問い合わせのイメージ