DFOソリューションズ創業記念 eラーニング連続セミナー第1回 「E-Lectureで実践する双方向ライブ授業・オンラインセミナー」~通わない教室の魅力、教えます。 実施報告

2018年10月26日、大和市商工会議所で遠隔授業をテーマとしたセミナーを実施いたしました。セミナーには、教育事業をされている企業の方、学習塾の方からお申し込みをいただきました。ありがとうございます。地元大和市においては、セミナーのご案内の際に、教育委員会ICT担当者の方と、不登校支援をされているご担当者様と情報交換をしました。双方向ライブ授業について機能説明をすると、第一声は不登校支援、院内学級で使えそう、でした。E-Lectureはすでに院内学級(チャイルド・ケモ・ハウス)での実績がありますが、やはり通うことに制約のある児童生徒への支援にE-Lectureは合っていると考えます。

9月には、文部科学省が遠隔授業での授業参加を出席として認める通知をしました。また、文部科学省においては遠隔教育の推進に向けたタスクフォースが立ち上げっており、遠隔教育が有効な教育活動として、小規模校での活用と不登校児童生徒、病気療養児の学習に重要な役割を果たすと定義しています。神奈川県は、西は山北町、南足柄市、箱根町、湯河原町、真鶴町、清川村、愛川町などの自然豊かな地域の他に、広い相模原市には青根、青野原など隣は山梨県道志村というバスもあまり走っていない山間部の地区があります。都市部の都は異なり、教員のリソースにも限りがあると考えますし、学習塾までの距離を考えると選択できるほどないだろうと想像できます。今年は地震の他に風水害も多発する一年でしたが、被災地における教育機会の提供なども有効なのではないかと考えます。東日本の際や熊本のときに大学生のボランティアが学習支援を行っているニュースがありましたが、最小限のスタッフが現地で準備して遠隔授業を実施すれば被災地に行かなくても被災地支援が可能ですよね。

E-Lectureのような遠隔授業が普及すれば、これまで選択肢がなかった児童生徒の有効な学習機会となりますし、先生の働き方改革も謳われている昨今、先生が通うための往復時間を別の事に使うことが出来るようになります。今後遠隔授業を普及にはいくつか課題があると考えます。先生のICTリテラシーの向上も必要ですし、従来と同じ教え方ではなくICTにはICTの教え方、その魅了をもっともっと伝えていく必要があると考えています。

今後もDFOソリューションズでは、遠隔授業の魅力を伝えていくためのセミナーを引き続き実施してまいります。遠隔地へ研修を双方向ライブで実施したい企業の研修担当者様、遠隔地の児童生徒へ授業を配信したい学習塾様、山間部の小規模校や不登校支援、院内学級での遠隔教育をご検討の教育委員会様、E-Lecture公式パートナーのDFOソリューションズが機能紹介や導入事例についてご説明に伺います。こんな使い方は出来ないのか?など、実現したい遠隔教育をお知らせ下さい。