大和市災害ボランティアセンター運営スタッフ養成講座でコンセンサスゲーム(NASAゲーム)を実施しました。

DSC_0219

 11月7日、災害ボランティアセンター運営スタッフ養成講座で「チーム力を高めるコミュニケーションスキル~災害時にみんなで助かるためのシュミレーションゲーム~」の講義を担当させていただきました。同じ講座を既存のスタッフのフォローアップ研修、2019年の養成講座でも同じコンセンサスゲーム(NASAゲーム)を実施していますので、運営スタッフ様向けの実施は3度目になります。

 今回の養成講座は、コロナ禍の開催と言うことも影響して人数が前回開催の半分でした。また、withコロナ時代の新しい様式を反映してか、マスク越しのため小声かつ話すペースがゆっくりでした。その辺りを見越してアイスブレイクの時間を長めに取りましたが、時間は大幅に伸びてしまいました。

 NASAゲームのグループワークは、Aグループ、Bグループが対照的でした。Aグループは議論が活発で互いに質問をしたり、順位付けの理由もよく説明されていて、横で聞いていて質の高い議論がされているように感じました。制限時間15分を残してグループ回答を合意していました。

 一方でBグループは、Aグループに比べると説明が少し冗長的で議論がかみ合っている人といない人がいるように思いましたが、リーダーの方が全体の意見を拾い上げようとうまくファシリテートされている様に感じました。制限時間となっても引き続き話し合いを継続しているBグループでしたが、2分経過したところで打ち切ってもらいました。

 結果はどうだったかというと、Aグループは44点、Bグループは40点となりBグループの方がAグループより成果を出す結果となりました。

 Aグループのメンバーに振り返りを共有してもらうと、「誰かの意見に流された訳でなく、説明に納得して合意した結果なので、結果については納得している」という回答がありました。Aグループは活発に議論していたので結果にも驚いていますが、個人ワークよりもグループ回答の結果が悪くなる方が多くいらっしゃいました。講師からのフィードバックとしては、Aグループは制限時間15分を残して議論を終了し、関係の無いおしゃべりを始めていたため、なんどか議論を継続するように促すも、みんなですでに合意したと頑なだったので、早々に結論を出したことを指摘しました。判断が早いことがプラスに働くこともありますが、コンセンサスゲームは早さは評価にはなりません。せっかく使える時間があるにもかかわらず、議論を尽くさなかったこと、議論を尽くさないことに疑問を提示する参加者がいなかったことがこの44点につながったと考えます。議論が活発でも最後の詰めが弱いとこのような結果になります。

 Bグループにのメンバーに振り返りを共有してもらうと、Aグループのメンバーと同様に「自分の意見だけを主張しないように相手の話を遮らず最後まで話しを聞くようにしていた」と話していました。ただし、正答順位には納得がいないとのこと。この振り返りを共有したメンバーも個人得点の方が良くてグループ得点の方が低くなっていました。BグループはAグループに比べると議論はゆっくりな印象がありました。全体的に冗長的で何を言いたいのか最後まで聞かないとよく分からない説明が多く、もっと簡潔に自分の考えを伝えることができればもっと効率的に話し合いができたのではないかと思います。どうしても関係が深くない仲で、はっきり意見を言うのはお互いに遠慮があるようにも見えました。とはいっても、制限時間一杯に使って話し合いをした結果、Aグループよりも得点が良くなったので与えられた時間を使い切ることも大事なポイントになると改めて思いました。

 NASAによる模範解答がある中で、大前提に納得がいかないと言われる方は一定数いらっしゃいますが、災害は理不尽なものですし、前提なんて自分の都合などお構いなしに刻一刻と変わっていくものです。ゲームの前提を勝手に変えてしまう人も居るため、前提の大切さをコンセンサスゲームの前に「避難所でおにぎりを公平に配る」にはどうしたらよいかというセクションで考えていただいています。

 全体で良かったのは、一部の声の大きな人が主導して流れを作ってしまうことが多いのですが、お互いの意見を尊重する事はとてもできていました。ただし、正しい答えを持っている人がグループで得点を落としているので、みんなの考えをなんとなかバランス良く並べて「公平」に順位付けしたのだと考えられるため、大事なポイントはそこではないと気づいていただかなくてはいけません。話し合う姿勢はできているけれど得点は低いという、みんなの意見を公平に取り入れてみました!というのような新しい傾向が確認されたため、リフレクションを一部改訂しようと考えています。

 そろそろ来年度の入社する新人研修や新入生のオリエンテーションの計画をスタートさせているご担当者様もいらっしゃると思いますが、DFOソリューションズでは各種研修・講座に合わせてコンセンサスゲーム(NASAゲーム)をご提供しています。必要に応じて講座のカスタマイズや追加の講義なども対応しております。NASAゲームの実施だけでなく、学び、実践につなげたいとお考えがあれば、お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました