eラーニング担当者なら知っておきたい用語集

eラーニング

初めてeラーニング担当者になった方や研修担当者でeラーニングの管理もしなければならなくなったなど、eラーニングが初めての方でも理解できるように、できるだけ具体的な事例を紹介して説明しています。いわゆる用語集としては長くなりますが、誰にでも伝わるよう丁寧に記述しているほか、今後も最新の知見や実践事例なども加筆、補綴してまいります。

eラーニング

eラーニングとは、パソコンやタブレット、スマートフォンなどのICTを活用して学習する方法のこと。あらかじめ学習管理システムに登録されたコーズを学ぶオンデマンド配信のコースを指すことが多いが、最近ではバーチャル教室で学ぶ遠隔ライブ配信やZOOMやTeamsを使った研修も広義のeラーニングとして語られる事が多い。

受講者は、主に学習管理システムにログインして、登録されたコースを受講期間中に案内に従って受講する。

管理者は、階層管理で部門の登録をして、受講者の登録を行う。開発されたコースは、学習管理システム教材割り当てを行う。開発済みのeラーニングコースを学習管理システムに登録して、受講者に教材割り当てを行う。学習期間が終了後は、修了情報やテスト結果を学習履歴として帳票をダウンロードして、研修実施報告書の作成やタレントマネジメントシステムに学習履歴の登録をすることが多い。

学習管理システム(Learning management System(LMSと略される事が多い))

学習管理システム(LMS)とは、eラーニングコースを受講する受講者と学習教材であるeラーニングコースの登録が可能で、インターネットを通じて配信、学習進捗や学習結果を管理することができます。

初期のeラーニングシステムはオンプレミスで数万人単位でパソコンで学習するのが前提でしたが、最近はクラウドが主流になり、スマホやタブレットでの学習のほか、バーチャル教室で遠隔ライブで学ぶ事ができるものもあります。龍野情報システム様のlearningBOXには、テスト・アンケート作成機能の他、タイピング教材、課題提出機能が付属しており、専用のオーサリングツールが無くてもeラーニングを作成できますし、集合研修と組み合わせてブレンド研修の設計でも使うことができます。

eラーニングコース

eラーニングコースとは、学習教材、学習コンテンツのこと。呼び方には方言や幅があると思いますが、いくつかのコースを束ねてeラーニングプログラムと言う場合もあります。

コースの例:ビジネスマナーの基礎、情報セキュリティ入門、コンプライアンス基礎
プログラムの例:新人研修プログラム(ビジネスマナーの基礎コース+Office基礎コース+ロジカル研修コース)

少し前であればSCORM1.2、2004に準拠した形で作成することが多かったが、SCORM非対応現在は学習管理システム側で動画、Yuotube、PDFの登録の他、テストやアンケート作成できるものも増えています。

eラーニングコースの構成は、少し前では章節項の3階層で構成される事が多かったが、マイクロラーニングの影響により最小学習単位、総学習時間は短くなる傾向で、章のみの1階層で構成されることが多くなっています。

コース原稿の作成はPowerPointが使われていることが多いです。リーマンショック以降は、eラーニング予算が激減し、企業内でeラーニングを内製化することが主流となりました。PowerPointで原稿を作成してアニメーションなどの設定後、iSpringなどのeラーニング専用のオーサリングツールを使って、HTML5でSCOMR1.2、SCORM2004でパブリッシュします。グローバル企業だとArticulate社のArticulate 360やstorylineやアドビCaptivateを使っていることが多いと思います。

動画を登録できる学習管理システムであれば、PowerPointのアニメーションにプレゼン録画機能で解説を加え、動画書き出し機能でmp4で書き出し、登録することも可能です。SCORM対応が必須でなければYoutubeや他の動画配信システムにもアップロードできます。

SCORM1.2、2004(スコームいってんに、スコームにせんよん)

eラーニングの標準規格で、多くの学習管理システム、オーサリングツールが対応しています。多少の方言はあるものの、SCORM対応でコースを作っておけば、学習管理システムが変わった場合でも、教材登録を再度行えば学習履歴を取得する事ができます。

日本においては日本イーラーニングコンソシアムの標準化推進委員会でSCORM規格の日本語化やSCORM技術者試験を実施しています。

SCORM対応コース

SCORM1.2や2004に対応したeラーニングコース。マニフェストファイルと呼ばれるコースの階層構造やリソースなどを記述したXMLファイルとLMSに接続するためのAPIが実装された教材(HTMLファイル)をZIPで圧縮した形で用意。

eラーニング専用のオーサリングツールでパブリッシュすると、自動的にZIP形式で作成した教材やテストが書き出され、SXCOM対応のLMSにアップロードして学習をすると学習進捗や修了、合格などのステータス情報がLMS側に記録されます。

手書きでマニフェストファイルを作成することも可能ですが、制作会社ではReloadEditorというツールを使って書くことが多いです。

SCO(エスシーオーとかスコと呼ばれます)

SCORM規格でコースを作成する場合、学習履歴を送受信する学習単位。一般的なeラーニング専門オーサリングツールで作成すると作成した教材、テストを1SCOとしてパブリッシュされる。もし1章、2章、3章をマイクロラーニングなどを意識して細かく作っていくと、コースに必要な教材を登録すると3つのコースに分かれてしまい受講者も管理者も面倒です。オーサリングツールで開発する場合は、ある程度まとめて作ることをオススメします。

複数SCOを束ねて一つのSCORMパッケージすることも可能で、eラーニングエンジニアの多くはReloadeditorや手書きで複数のSCOをまとめたり、章節項に階層化する事が多いです。AdobeさんのCaptivateやPresenterをお使い場合はAdobe Multi-SCORM パッケージャーを使って複数の教材を束ねることが可能です。

注意点としては、最近のLMSはSCORM対応と謳いつつも、複数階層が正常に表示されないなど完全に準拠していないケースもあります。LMSの開発元や教材開発を委託しているeラーニング制作会社にご確認ください。

マイクロラーニング

eラーニングの新しい受講スタイルで、従来の学習時間(20分~60分)より短い(1分~5分)で学習します。細分化された学習教材のためタブレットやスマートフォンと相性が良く、外出先や移動中でも社員さんが今すぐ必要としている知識を素早く提示して、業務を支援することができます。

夕飯の準備で時々お世話になる料理レシピ動画サービスのクラシルでは、動画が公開されていますが、マイクロラーニングとしてよくできていると思います。レシピ本同様に読んで確認することもでき、動画では切り方、混ぜ方、煮方、焼き方など必要なポイントのみ凝縮されていて、余計な講師のおしゃべりやエピソードトークはありません。1度見て分からなければ何度も繰り返し見ることも可能ですし、必要なタイミングで一時停止して確認もでき、レシピ本よりも迷いが少ないです。

マイクロラーニングの影響や集中力が持続する時間が年々短くなっているという研究結果もあり、従来型のeラーニングにおいても読ませる教材から、見て分かる教材に変わりつつあります。また動画再生時に倍速再生機能が使えるLMSも多くなっています。

遠隔ライブ研修、リモート研修、オンライン授業

eラーニングは大きく分けて、学習管理システムなどにあらかじめストックしておいた教材をオンデマンドで学ぶストック型のeラーニングとコロナ禍で一気に普及したライブ配信によるフロー型のeラーニングがあります。コロナ禍においては、ZOOMやMicrosoft Teams、Google Meetを使った研修の配信が行われています。

メリットとしては、移動しなくても研修に参加することが可能ですので、移動時間のロストバエット(機会損失)が無くなります。コロナ禍で対面研修をすると、マスクやクリアパネルで距離を取る必要があり、聞こえづらかったり講師も受講生も表情から反応を感じることが難しくなりますが、遠隔ライブなら感染症の不安はありません。

デメリットとしては、受講生の学習する場所によってはグループワークのような当時形式のオンライン討議が難しい場合があったり、Wi-Fiや受講するスマホやPCの性能によって途切れてしまうなど、一律の学習体験を保証することが難しい面があると言うことです。また、講師が同じ教材を読み上げるだけで受講者に問いかけをしないケースも多くあるようです。それであればライブでやる必要も無く、収録した動画をライブで見ているのと同じではないかと考えます。

従来のフロー型eラーニングは、UstreamやSkyapeなどを一方通行で生中継するものがほとんどでした。ネット授業配信ツールのE-Lectureのような受講生がボタンを通じて講師と双方向でやりとりしながら学習できるものも増えつつあります。

ブレンド研修、ブレンディッド研修というと、対面による集合研修とストック型のeラーニングで語られることが多かったですが、コロナ以降は遠隔ライブやリモート研修とストック型のeラーニング受講を組み合わせて研修設計する事が増えてきています。

遠隔ライブ研修リモート研修をやるのであれば、従来型の一斉講義ではなく、問いかけを重視して受講者参加型のアクティブラーニングをオススメします。

学習目標

学習目標とは、研修実施後にどのような姿になって欲しいかゴールを明確に定義します。大学の授業でいうところのシラバスです。知識やスキルなど計測可能な形で、具体的な条件、評価基準を定量的に記述します。研修企画時に明確な目標を立て、研修実施後に学習目標の到達度を計測します。到達しない場合は、原因を分析して教材に問題があれば改善したり、教育以外の仕組みや制度に問題がある場合は教育以外の領域の改善を検討します。

悪い例:

情報セキュリティを理解する、情報セキュリティを習得する、など

良い例:

情報セキュリティ受講後の一年間で受講完了者のインシデント報告件数〇件

インストラクショナルデザイン、instructional design(ID)

インストラクショナルデザインとは、教育・研修において効果や魅了を高めるための手法で、プロセスモデルであるADDIEモデル、学習意欲を高めるためのARCSモデル、教材の構成方法をまとめたガニエの9教授事象、研修の効果を測定するためのカークパトリックの4段階評価などがあります。

ADDIEモデル

ADDIEモデルは、Analysis(分析)、Design(設計)、Develop(開発)、Implement(実施)、Evaluate(評価)の頭文字を取ってADDIE(あでぃ)モデルと呼ばれています。

教育効果を高めていくため、Analysis(分析)から始まり、最終的にはEvaluate(評価)を行って、新たな学習活動の改善を図る、循環モデルです。

初めに分析ですが、教育・研修のテーマに対して、何が問題となっていて、どんな教育が必要なのか、不足しているのかを検討します。あるべき姿に対して、現状とのギャップを明確にして学習目標を立案します。ニーズ調査によっては、会社の制度や組織風土など、知識インプット型の研修では対応できない問題や課題が見つかるかもしれません。

続いて設計では、最大限の学習効果を出すためにどのようなトレーニングが必要かを考えます。学習目標「提案書をPowerPointを使い、アニメーション付きで作成して、スライドショーの記録で動画解説を追加、MP4で動画書き出しができる」とした場合、PowerPointの操作だけでなく、Webカメラの操作や収録に必要な知識も必要になります。またきちんとmp4書き出しができているか成果物の作成に取り組んで、成果物を提出する単元も必要になります。

開発のフェーズでは、学習目標や設計に基づいて、実際に利用する教材の開発をします。分析や設計が甘くいい加減だと、開発進行後にシナリオの修正やナレーションの収録のやり直しなど手戻りが発生することです。具体的な教材開発の他に、受講環境や研修事務局などのサポート体制の構築も進めていきます。

実施フェーズは、実際に研修やeラーニングの配信を行っていきます。受講案内の通知や受講者の学習上のトラブルなどのヘルプデスク業務やイレギュラー対応など、運用業務が忙しくなります。eラーニングで一番の頑張りどころはこの教材の運用面です。適切な運用ができていないと受講者に無用な負荷をかけて学習のモチベーション維持が難しくなります。

最後のフェーズでは、テストやアンケートを行って受講者を学習目標に沿って評価します。分析から評価までに各フェーズでの改善点の把握して次回の教材開発で改善点を潰していき教育の質を高めます。

eラーニング開発が社内や自組織で標準化されていない、あるいは作る人によってバラバラな場合は、ADDIEモデルを参考に研修開発プロセスを構築することをオススメします。

ARCSモデル

ARCSモデルとは、インストラクショナルデザインの動機付け(モチベーション)モデルです。ARCSは、Attention(注意)、Relevance(関連性)、Confidence(自信)、Satisfaction(満足感)の頭文字を取ってARCSモデルと呼ばれています。どのような仕掛けをすれば受講者本意の魅力的な教材になるか考えていきます。

Attention(注意)
面白そうだなぁ、驚きや不思議さ

Relevance(関連性)
なぜこの学習をするのか、親しみやすさ

Confidence(自信)
適度なハードルと成功体験、自分なりの工夫で乗り越える

Satisfaction(満足感)
やって良かったと思えるか、実際に役立つか、一貫した学習環境

Attention(注意)では、面白そうだなぁ、驚きなどがあって、もっと見てみたいなと思わせることを考えていきます。eラーニングの序章で、社内風景で一人の社員の動きを再生して、実はこのAさん重大なミスをしてしまっています。気がつきましたか?などと普段うっかりやってしまっている事象でなるほど!とうならせるなど、いわゆるeラーニングでのつかみにあたる部分です。

Relevance(関連性)では、なんでこの教育をしなくてはいけないのか、自分ごととして感じられるように説明の必要があります。そもそも研修の必要を受講者に説明せずこれをやってくださいと業務命令として出されると、社員さんはまた面倒な研修が来たなとなります。例えば情報セキュリティをなぜ学ぶのか?という受講者のモヤモヤに対して、個人情報や自社や取引先の業務機密を漏洩すると、社会的な信用が無くなり、業績に影響する、業績が低迷すればボーナスや昇級にも影響が影響すると説明をすれば、自分にも関係がある事だと理解できます。

サラリーマン時代に企画した研修では、eラーニングや研修実施時には必ず社長や経営層など研修の責任者からのメッセージを必ず入れて、受講者に対して丁寧に研修の目的を伝えています。

Confidence(自信)では、適度なハードルで成功体験できるか、自分で工夫して乗り越えられる物かを考えます。ゲームで例えると、簡単なゲームだとくそゲーになりますし、難易度が高すぎれば無理ゲーになりますように、研修でもちょっと頑張れば乗り越えられるようなほどよいハードルを設定しないと受講者のやる気がなくなってしまいます。

Satisfaction(満足感)は、やって良かった、実際に役に立つ内容なのかを考えます。汎用的なeラーニングコースを購入すると、一般的な内容として語られる事が多く、自社のルールや使用するツールを前提にした研修ではない事が多く、フィットしない内容もあると思います。現場で本当に使える知識や内容なのかを考える必要があります。

ARCSモデルは、Attention(注意)、Relevance(関連性)、Confidence(自信)、Satisfaction(満足感)の4つの軸で教材の魅力を考えていきますが、会社や組織によって物差しは変わると思います。新規eラーニングコースの開発時や教材の改訂時に、4つの軸に照らし合わせて書けている視点がないか検討してみましょう。

ガニエの9教授事象

ガニエの9教授事象はどのように教え、進めるべきかという教授法です。導入部では、学習目標の提示、前提条件の確認します。展開部では、新しい事項を提示する、学習方法の伝達、練習の機会を作る、フィードバックを与えます。最後のまとめでは学習の成果を評価、保持と転移を高めるという流れになります。

導入:
注意喚起する
学習目標の提示
前提条件の確認

展開:
新しい事項を提示する
学習方法の伝達
練習の機会を作る
フィードバックを与える

まとめ:
学習の成果を評価する
保持と転移を高める

ガニエの9教授事象は、対面の授業や集合研修に置き換えてみるとフィットすると思います。例えば大学授業、CGの演習だったとして考えてみます。授業の導入部では先生の余談からスタートしてアイスブレイク、今日は○○を学びますなどと学習目標が提示されて、事前課題の提出などのやりとりがあると思います。展開部では、新しく学ぶ内容が提示されて、このソフトを使ってこのような花を描きます、使い方はこうでと説明があって、個別の作業に入る中、先生が教室を回って、個別にココはこうすればなどと先生やティーチングアシスタントがフォローします。期末にはテストがあり、課題制作に取り組んで提出するという授業の流れってありますよね。

eラーニングのコース構成においても参考になります。eラーニングというと一方的な知識の提示になりがちですが、注意喚起はARCSモデルと同様ですし、導入、展開、まとめという流れで教材を展開していくと受講者にとっても納得度は高くなると考えます。コース内に問いかけする機会を設けて、受講者自身に考えさせて、正誤のフィードバックを加える事も可能です。コース受講後は、効果測定により評価もできますし、受講後少し期間をおいて知識の「たしかめ」や学んだ知識を業務で実践する機会を作るなどして業務に役立つように研修転移を図ります。

カークパトリックの4段階評価

カークパトリックの4段階評価とは、研修を4段階で評価する手法です。学習目標の達成度を測るために研修後に受講者の評価を行う必要があります。一般的にはLevel1の反応とLevel2の学習がほとんどと思われます。Level3の行動やLevel4の結果は、評価に出すまでの時間や手間、コストがかかるため、あまり多くの事例を聞きません。

Level1 Reaction(反応)
例:受講者満足度、受講者アンケートなどの実施

Level2 Learning(学習)
例:学習目標に対する習得度、テストを実施する

Level3 Behavior(行動)
例:受講者の行動変容、上司、同僚へインタビュー、受講者を観察し活用度を見る

Level4 Results(結果)
例:具体的な成果(営業成績、提案書採用率、クレーム、事故減少、離職率、離脱者数、退学者数)、研修ROI、受講者と非受講者の比較

学習目標の立て方によっては、Level3やLevel4で見る必要があると思います。例えば販売員に商品教育を行った後、店舗にいってお客さんのふりをして、研修で学んだ知識を使って提案できている確認するや、研修後の販売実績を一定期間後に確認をしてLevel3、Level4で評価をすれば、研修後の従業員のパフォーマンスや研修実績としてエビデンスに基づいた正確な報告が可能になります。

タイトルとURLをコピーしました