動画教材収録サービス準備中

未分類

 新型コロナウイルス感染症は、オフィスで働く人の働き方を変えただけでなく、これまで教室で教えていた先生や講師の教え方まで変えました。しかし、これまで教室や研修室で講義していたことをそのままZOOMで配信したり、収録して配信するだけで良いのでしょうか?優れた講師は良い質問をします。せっかく双方向でコミュニケーションできるのですから、良質な質問をして受講者の学びを支援しましょう。

動画教材収録サービスの開発

 これまでDFOソリューションズでは、動画教材を作成したいというお客様に、PowerPointとWebカメラによる教材収録方法をお伝えしてまいりました。映像品質を高めたい、複数の映像ソースを切り替えて収録したい、クロマキー合成をして教材の前で講義したい、などのご要望から、動画教材収録に必要な機材の調達とサービス開発を進めています。

機材リスト

 現在までに、業務用ビデオカメラ(JVC GY-HM175)、撮影用背景布(黒・白・緑)、スイッチャー(Roland V-02HD)を調達済みで、セルフ収録向きのLEDライトを選定中です。遠隔ライブ配信機器として、Blackmagicdesign ATEM Mini Proを発注済みで、入荷待ちという状況です。

開始予定と対象者

 まずは、ストック型の動画教材収録サービスを7月から開始する予定です。オンライン授業などで教材収録をしなければならないが、機材を買うほど頻繁に収録機会がない先生や、eラーニングを作りたいが収録方法がよく分からない企業の研修担当者などを対象にしています。

サービス内容

 eラーニングに対応した貸しスタジオは都内に多数ありますが、時間単位の利用料金は高価ですし、慣れていない方がセルフ収録すると時間がかかるだけでなく品質が低い教材を収録することになりますし、カメラマンやオペレーターを入れたとしても教材の中身や構成を支援してくれません。

 動画教材の収録に必要な機材と、教材品質を上げるためのサポートをパッケージ化して、お客様が普段利用している静かな教室や会議室などで収録します。収録場所の確保が難しいお客様については、提携スタジオなどのご紹介やその他の収録場所をご提案いたします。

 基本的に収録不要なサービスを予定していますので、収録した素材はその場でお渡し可能ですので、そのままeラーニングシステムや動画配信サービスを利用して動画教材を提供できます。

 もっと気軽に動画教材収録サービスをご提供できるようサービス開発を進めてまいります。サービス内容に関心がございましたらお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました